東京都内にあるチンチラカフェを一挙紹介!チンチラと触れ合おう!

チンチラにおすすめのペットシーツはこちら

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

東京都内のチンチラカフェを徹底紹介

「HARRY 原宿テラス店」

都心の喧騒の中でホッと一息。
ここは「HARRY 原宿テラス店」です。チンチラやハリネズミ、カワウソたちに癒されながら、ストレスとは無縁の世界でホッコリしてみませんか。

住所

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-26-5 神宮前426ビル3階

TEL

03-3404-1212

最寄り駅

JR「原宿駅」徒歩5分

営業時間

11:00~19:00(受付は18:30まで)

料金

30分 1,500円(1ドリンク付き)、1時間 2,800円(平日) 3,000円(土日祝日)

「アニマルルームいけもふ」

ここは、池袋の「アニマルルームいけもふ」です。チンチラをはじめ、モモンガ、ミーアキャット、プレーリードッグからフクロウ、ヘビやカメなど希少種も含め100匹を超える可愛い小動物が皆さんをお待ちしております。彼ら、彼女らに癒されたい方は、ぜひお気軽にお立ち寄り下さい。

住所

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-29-4 成田ビル6階

TEL

(公開しておりません)

最寄り駅

JR「池袋駅」徒歩5分

営業時間

平日13:00~18:00、土日祝日12:30~18:30(受付はいずれも閉店30分前まで)

料金

30分1,000円、60分1,500円、90分1,900円、120分2,300円(小学生未満は半額)

「ペットホテル うさぎカフェ ペットショップうさぎさん」

カフェも兼ねるペットホテル・ペットショップです。
ウサギのみならず小動物であればお預かりOKです。(チンチラ、ハムスター、モルモット、ハリネズミなど)
小動物の扱いに慣れたスタッフが、動物たちの気持ちを察しながら対応します。ぜひ一度様子を見に来て下さい。きっと、動物たちの安心した様子が見られますよ。

住所

〒110-0003 東京都台東区根岸3-5-4 根岸ビル1階

TEL

03-6260-6374

最寄り駅

JR「鶯谷駅」徒歩5分 または 東京メトロ「入谷駅」徒歩8分

営業時間

12:00~20:00(完全予約制です)

料金

30分1,000円(1ドリンク付き)、60分2,000円(2ドリンク付き)

東京都内でチンチラカフェを楽しむポイント

1.動物好きの方にとっては、願ってもない”触れ合いの空間”

日頃から犬や猫たちなどの身近な動物たちと触れ合っている動物好きの皆さんも、一度チンチラやハリネズミなど愛くるしい小動物に接して見れば、その魅力の虜になること間違いありません。チンチラは臆病で繊細な動物ですので、扱い方にはそれなりに注意が必要ですが、愛情を持って接すれば、チンチラたちも次第に慣れてきて、きっとその愛情に応えてくれるようになるでしょう。それぞれのカフェには、チンチラ以外にも、ハリネズミやカワウソ、ウサギなど可愛い小動物が沢山います。特に、池袋の「アニマルルームいけもふ」では、モモンガ、ミーアキャット、プレーリードッグからフクロウ、ヘビやカメなど日頃は滅多に見ることができない小動物たちとも触れ合うことができます。ぜひ一度、足を運んでみて下さい。

2.小動物の新たな”魅力の発見の場”

癒し系のペットとして人気のチンチラですが、実物に触ったことがある人は意外と少ないのではないでしょうか。耳の形からウサギの一種と思っている人も多いようですが、本当はネズミの仲間です。鳴き声は小さめですが、「キュキュッ」と鳴いたり、「ギャギャッ」と鳴いたり、多様で感情表現もしっかりと行っています。毛色もグレーが多いのですが、黒、白、ブラウンなど多彩です。触れ合いながら五感で感じ合えば、沢山の魅力が発見できるでしょう。チンチラだけではありません。ハリネズミにはハリネズミの、カワウソにはカワウソの魅力があります。ぜひ触れ合いながら、それぞれの魅力を発見してみて下さい。

3.ストレスフルな都会の中にある小動物たちとの”ホッコリ空間”

満員電車や途切れることのない人の流れ、東京ではストレスにさらされる場面が多く、なかなか気が休まりません。そんなときに欲しいのが、癒しの場ですね。
ぜひ、チンチラたち小動物に会いに来てください。その愛くるしい瞳や仕草に、ついつい”ホッコリ”としてしまうこと請け合いです。小動物たちは、人間の心を落ち着かせる不思議な力を持っています。愛情を持って接すれば、そのまま愛情を返してくれますし、温かい体温が人間の疲れた心をそっと温めてくれます。
ちょっと心が疲れたなと思った時には、ぜひお立ち寄り下さい。きっとあなたの心を元気にしてくれるでしょう。

チンチラカフェに行く際の注意点

1.チンチラは臆病で繊細な動物ということを忘れずに

モフモフ感と愛くるしい瞳や仕草で人気のチンチラですが、本来、臆病で繊細な動物です。人間の大きな声や派手な動きは大の苦手で、一度恐怖心を憶えるとなかなか警戒心を解いてくれません。人間に慣れたチンチラでも、初対面の人間は警戒し、ストレスを感じるようです。反面、学習能力も高いので、「この人は安心できる」と感じたら、チンチラの方から歩み寄ってくれます。チンチラの様子を見ながら、無理に抱いたりせず、名前を呼びながらそっとなでてあげるのが良いでしょう。
今後チンチラをペットとして飼うことを考えて来店される方も多いようです。初対面の時からこのようなことに気を付けて、安心感を与えてあげるようにしましょう。

2.伸ばした爪や香水などの強い匂いはNGです

チンチラに限らず小動物を扱う時にまず気を付けたいのは、伸ばした爪で傷つけたりしないこと。事前に爪を切っておくことを忘れないようにしましょう。
また、チンチラは匂いに敏感です。香水やハンドクリーム、タバコなど強い臭いは嫌われます。一方で、好きな人の匂いをきちんと憶えています。
チンチラを好きな方であればあるほど、チンチラカフェに行く時は、チンチラを傷つけたり嫌な思いをさせたりしないよう、これらの身だしなみにも十分な配慮をしておきたいですね。

3.自身のアレルギーにも注意しましょう

意外と盲点なのが、アレルギーの問題です。チンチラの主食はイネ科の牧草です。従って、イネ科の花粉症を持っている方は注意して下さい。このようなアレルギーを保有していながら自覚がない方が、チンチラをペットにしてしまうと、アレルギー反応に悩まされることになりますので、事前に確認しておいた方が安全です。また、砂浴び用の砂も粒子が細かく、砂浴びする時は空気中に漂いますので、喘息の方も十分な注意が必要です。
健康を左右する問題は、ペットとして飼い続けることを困難にしますので、念のための事前確認が大切ですね。

まとめ

このようにチンチラは魅力あふれる動物です。皆さんも、一度でも会って触れ合ったら、きっとチンチラの虜になることでしょう。一方で、臆病で繊細な面もありますので、チンチラの気持ちを察しながら優しく扱ってあげないと、信頼を得ることはできません。百聞は一見に如かず。都内には個性豊かなチンチラカフェがありますので、ぜひ一度足を運んで頂いて、直にチンチラと接してければ幸いです。

チンチラにおすすめのペットシーツはこちら

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました