チンチラのおすすめ回し車3種類を徹底解説!回し車の選び方や特徴についても紹介

5
チンチラ用品

チンチラに回し車が必要な理由

ストレスの発散をするため

チンチラは回し車を回すことでストレスの発散を行います。チンチラのケージの大きさは限られており、回し車がないとチンチラは十分な運動することができません。そこでケージの中に回し車は設置しておくことで、チンチラは思いっきりケージの中でも走り回ることができるため、ストレスの発散をすることができます。

チンチラはストレスがたまると病気の原因など様々な弊害を起こしてしまうため、ストレスを発散させるため、回し車を設置することは必要不可欠と言えるでしょう。なおチンチラはストレスを感じると、ケージを噛んだり、歯ぎしりをしたりなどと言う仕草を見せることが多いです。

運動不足の解消をするため

チンチラのケージに回し車を設置することで運動不足を解消することもできます。チンチラのケージは非常に狭く、回し車がないと十分な運動することができません。回し車を設置することで、チンチラは狭いケージの中でも何キロも走ることができます。

野生のチンチラは自然の中を思いっきり走り回ることができますが、飼育されているチンチラはそのように思いっきり走ることはできないため、回し車を設置してあげることで、野生のチンチラと同じように十分な運動量を確保することができます。

チンチラ用の回し車の種類

壁に取り付ける回し車タイプ

一般的なのが壁に取り付けるタイプの回し車はタイプです。こちらの回し車のメリットとしては、壁に取り付けることで安定した回し心地を実現できることがあげられます。デメリットとしてケージによっては設置が難しい回し車もあるため、回し車を購入する際にはケージに対応したものであるかよく確認をする必要があるといいます。

床に置く回し車タイプ

床に置くタイプの回し車はどのどんな種類のケージにでも設置をすることができます。そのため汎用性が高く、便利だといえます。また床に置くタイプの回し車は、足を外すことで壁に取り付けることができるものも多いです。

床置きタイプの回し車のデメリットとして、安定感が足りなくなることがありますが、その場合には壁に取り付けることでそのデメリットを解消することができます。また床置きタイプの回し車は壁に取り付けるタイプよりもスペースを取ってしまうというデメリットもあります。そのため床置きタイプの回し車は設置する際には大きなケージを選ぶ必要があると言えるでしょう。

フライングソーサーのタイプ

フライングソーサーとは宇宙船の円盤のような形をした回し車のことをいいます。フライング操作タイプの回し車のメリットとしては、一般的な回し車よりも音が静かであるということが挙げられます。フライングソーサータイプの回し車に関しては金属でできているものもあり、プラスチック製が多い的な回し車よりも快適な着心地を実現できます。

一方デメリットとして、フライングソーサータイプの回し車は価格が高いことや、ケージ内でスペースを非常に多くとってしまうため、大きなケージに設置する必要があります。

チンチラ用の回し車の選び方

安全性を第一に選ぶ

回し車を選ぶ際にはまず安全性を第一に考える必要があります。チンチラ用品を選ぶ上で、安全性を確保することは何よりも大切な条件となります。回し車の中にはチンチラの足を引っ掛けてしまいやすい商品など、怪我につながるおそれのあるものも残念ながら販売されていることが現実です。チンチラ用の回し車を選ぶ際には、評価の悪い商品はできるだけ避け、評価の良い有名なメーカーの商品で安全な回し車を選ぶことができるでしょう。

回し車のサイズから選ぶ

また回し車を選ぶ際にはサイズから選ぶことも大切です。回し車は様々なペットのために販売されており、チンチラ用の製品だけではありません、そのため、回し車によってはチンチラの大きさにはふさわしくない大きさのものもたくさん販売されています。

具体例を挙げると、ハムスター用の製品はチンチラの回し車としては絶対に使用することができません。チンチラの回し車のサイズは比較的大きなものを選ぶことになり、およそ40cm以上の直径の回し車を選ぶことでチンチラが快適に使うことができやすくなることが多いです。また、レビュー評価を見てチンチラ用に実際に使用している人のコメントがある商品を選ぶことも大切な選択要素となります。

回し車の素材から選ぶ

チンチラの回し車を選ぶ際には素材から選ぶことも大切です。チンチラの回し車の素材としては大きく分けてプラスチック製と金属製の2種類があります。

プラスチック製の回し車に関しては破損のリスクが大きく、また音がうるさいなどというデメリットがあります。それに対して金属製の回し車は音が静かで安定した動きのできるものが多いです。正しい金網タイプのチンチラの回し車に関してはチンチラが足をひっかけてしまう恐れがあるため、できるだけ金網タイプは避けるようにしましょう。

おすすめのチンチラ用回し車

40センチ大型回し車

40センチ大型回し車はたらいのような形をしたチンチラ用に使用できる回し車です。この商品は金属製の回し車でありながら、金網タイプではないため、チンチラが足を引っ掛けて怪我をすることがありません。また金属製であるため、プラスチックの回し車ようにかじられる心配もありません。水洗いも簡単にでき、清潔に使用できることもこの商品のメリットと言えます。

ステンレスホイール40センチ

ステンレスホイール40CMも同様にチンチラ用に使用できる金属製の回し車です。40センチ大型回し車との違いは、サイドが空洞化そうでないかの違いがあります。安全面でいったら40センチ大型回し車の方が優れていますが、こちらも金網ではなく、鉄板状の回し車になるため、足を引っ掛ける心配はありません。

トレッドミルホイール36センチ

created by Rinker
SBSコーポレーション
¥12,000 (2020/08/08 11:21:25時点 Amazon調べ-詳細)

トレッドミルホイール36センチもチンチラ用の金属製の回し車です。他の二つの回し車との大きな違いは、床に設置するお皿タイプの回し車であるということです。この回し車は安全性が高く、海外では使用している人が非常に多いです。

また静音性も非常に高いため、夜間にチンチラが回し車を思いっきり回しても室内に響くことはあまりありません。他の回し車よりもスペースを取ってしまうことがややデメリットですが、それを踏まえてもこの回し車を使用するメリットは非常に大きいです。

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました