チンチラにとって最適な温度は何度?チンチラと温度について徹底解説!

チンチラに最適な温度は?

チンチラにとって最適な温度は18度〜21度です。もともとチンチラは標高400m〜1650mの南米の高地乾燥地帯に生息してます。生息地帯から最低10度、最高25度までの温度に適応できる動物であることがわかります。チンチラを日本で飼育するには、温度管理が最も重要です。日本は四季で自然環境が大幅に変化します。夏場は40度を超え、冬場は0度を下回るなど地域によっても差があるため、チンチラの生活環境を最適な温度に維持する必要があります。

チンチラにとって最適な温度にする理由

チンチラは暑さ・寒さに弱い

チンチラは高地の環境に適応してきた動物なので暑さに弱いです。最適温度の21度を超えると不快感を感じ始め、25度以上で元気がなくなり、熱射病になる危険性が高まります。チンチラは熱射病にかかりやすい動物なので、人間にとっては温かい温度でも体調不良の原因になります。32度を超えると死亡する可能性が高まります。また、チンチラは寒さに強い動物と言われていますが、日本では最低0度を下回るためチンチラは温度に適応できません。チンチラは冬眠をしないので、冬をやり過ごすこともできません。最適温度を下回ると不快感を感じ始め、寒すぎると風邪を引き、肺炎になる可能性も高まります。

チンチラは急激な温度変化に弱い

チンチラは温度調節機能に長けた動物ではありません。足裏と耳の内側以外は体毛で覆われているため、体の熱は足裏と耳の内側で放熱します。チンチラは気温の低い地域で適応しており、放熱して体温調節する必要がなかったため、暑いから汗をかいて体を冷まし、寒いから体温をあげるというような急激な温度変化への対応が柔軟にできません。そのため、朝は雨が降って涼しい気温だったけど、昼には晴れて暑くなったというような変化に対応できず、春や秋のような季節でも暑さで体調不良につながることがあります。

チンチラが快適に過ごせる温度にする方法

直射日光を避ける

チンチラは暑さに弱いため、直射日光で熱を受け続けると体調不良の原因になります。直射日光を受け続けることで、体温が上昇し熱射病になり、最悪は死亡に至る可能性があります。基本的にはケージの中で飼育するため設置場所が固定されるので、時間帯や季節によって直射日光が当たらないような場所や遮光できるものをケージ周囲に設置する必要があります。

電子機器の周辺を避ける

放熱や蓄熱するような電子機器の近くは避けた方か無難です。少なからなず周辺の気温が変化するためです。エアコンで適温に設定しているのにケージ内の温度が少し高いという場合は、周辺のものが影響している可能性があります。また、エアコンの風が直接当たるとケージ内の温度がエアコンの設定温度よりも高くなるので、ケージの設置場所やエアコンの風向きに注意する必要があります。

床に直接ケージを置かない

ケージを床に直接置くと、温度管理が難しくなります。温度調整にはエアコンなどの冷暖房機を使用するかと思います。温かい空気は上がり、冷たい空気は下がるので、低い位置にケージを置くと、一定の温度に保つことが難しくなります。チンチラは温度変化に柔軟に対応できないので、できる限り温度を一定に保つために、テーブルなど床からある程度離した高さにケージを置くことで、空気の特性に左右されにくく温度管理がしやすくなります。

エアコンの設定温度に気を付ける

エアコンの設定温度は、チンチラの最適温度に設定すればいいと単純に考えてはいけません。エアコンで設定した温度が完璧に部屋の室温になるとは限らないからです。部屋の構造やエアコンの機能的な要因があるので、エアコンの設定温度とは別に、温度計をケージ付近に設置して温度管理する必要があります。また、温度計もメーカーや製品によって性能が異なるので、メーカーが異なるものを2つ設置しておくと、温度設定を間違える可能性が減ります。

チンチラ用ケージの温度調節に適したアイテム

大理石

created by Rinker
¥3,700 (2020/09/23 16:52:36時点 Amazon調べ-詳細)

チンチラは体温の放熱を足裏と耳の内側の限られた部分で行います。そのため、足裏の冷却は効果的です。大理石は表面がひんやりしていて、持続時間も長いです。敷くだけで設置でき、メンテナンスは定期的に汚れを拭く程度で簡単にできます。エアコンが壊れたり、停電などにより意図せず止まってしまったという万が一の事態でも、資源を必要としない大理石をケージ内に置いておくことで、非常時の対策にもなります。

温度計

created by Rinker
ThermoPro
¥999 (2020/09/24 04:58:36時点 Amazon調べ-詳細)

温度計は室温を管理するのに必須です。こちらの温度計は温度と湿度、時間が表示されているシンプルな温度計です。タニタは計測機メーカーなので性能も信頼できる製品です。一日の最低温度と最高温度を確認することもできるので、外出時の室内温度をあとで確認して改善につなげることができます。温度計は性能によって示す温度が異なることもあるので念のため、別メーカーのものも合わせて設置しておくことをお勧めします。

防寒ベット

エアコンをつけ続けることができない場合、防寒ベットで寒さ対策を行うことができます。日本は自然災害による停電が多くあるので、全ての対策を、資源が必要なもので行おうとすると非常時に困ります。また、エアコンの性能や部屋の構造上の要因から、エアコンだけではチンチラの最適温度に達しない場合、ベットがあることで寒さをしのげるので用意しておくと良いと思います。

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました