チンチラの散歩について徹底解説

ちょこちょこと動き回り、とても可愛らしいチンチラ。「ケージの中だけじゃかわいそう」「お散歩はどうしたらいいの」と思っていませんか?ケージで一生を過ごすよりも、チンチラだって広い場所を自由に動きまわりたいはずです。そこで今回は、チンチラのお散歩についてご紹介します。ぜひご一読ください!

チンチラだって散歩は必要!

チンチラがケージの中を忙しく動き回る姿を見ていると、「かわいいなー」と思うと同時に、「けっこう活発なんだなー」という印象を受けませんか。ケージの1階~3階までを行ったり来たり、と思えば、回し車をシャーっと回しはじめます。そんな姿を見ているとこんなことを思ってしまいます。「もしかしたら、ケージの中だけじゃせまいのかもしれない」そうなんです。実は、ケージの中では運動不足になってしまいがちなんです。回し車や止まり木などだけでは、多少の運動やストレス解消にはなるものの、やはり満足していない可能性が高いです。でも、お散歩をさせるにしても、どのくらい運動をさせれば良いのでしょうか。

1日1回、30分以上はお散歩させよう

チンチラの運動量はかなりのものです。お部屋に放したらどこに行ってしまうか分からないほど、スピードがあり、常に動き回っていますよね。だからと言って、ケージの中だけで過ごさせるのでは、なかなかチンチラとも仲良くなれませんよね。チンチラを運動させるときは、あるていど広さを確保して1日に1回、30分~1時間ほどたっぷりと遊ばせてあげるとチンチラも大満足。ケージ生活でのストレスも吹っ飛んでしまいます。30分も遊ばせてあげれば、だんだんと動きがゆっくりになってきて「あ、疲れたんだな笑」とわかります。しかし、運動といっても小さな生き物です。部屋に離して、ベッドの奥にでも行ってしまったら大変ですよね。ではどのようにしてお散歩させてあげればいいのでしょうか。

部屋に囲いを付けてお散歩させよう

チンチラのお散歩は、お部屋の中だけにしましょう。外の空気を吸わせてあげたい気持ちもわかりますし、広い場所で遊ばせてあげたいという気持ちもわかります。しかし、ここはぐっとこらえましょう。外で離してしまうと、外敵に襲われる危険性もあります。もしかすると、戻ってこれなくなるかもしれませんから。チンチラが本気で走ったら、人間が捕まえるのはかなり大変ですよ。そのため、お部屋に囲いを付けて、その中で自由にさせてあげると安心です。しかし、ここで注意点があります。カンタンに仕切ったくらいの囲いでは、まったく意味がありません。囲いには、かなり高さが必要なんです。

もともと岩場の生き物、ジャンプは1m以上!

チンチラが生まれたのは、南米にある6000メートル級の山々が連なるアンデス山脈です。そのけわしい岩場で、野生のチンチラたちは家族といっしょに生活しています。そんな厳しい環境で暮らしてきたチンチラたちは、身体能力だってハンパじゃないんです。大人のチンチラともなると、1m近くジャンプすることもできるんです。1mというと、チンチラの身体の3~5倍はラクに飛べるということになります。そのため、お部屋で散歩するときの囲いは、じゅうぶんな高さがあるものにしましょう。

お散歩のときは危険なものを片付けよう

チンチラはとても好奇心が旺盛な生き物です。おもしろそうなものがあるとかじる、なんだろうと思ったらとりあえずかじります。もしこれが電源のコードだったらどうでしょう。感電してしまうかもしれませんよね。せっかく縁があってお部屋にやってきたチンチラを守るためにも、安心してお散歩できるように念入りに片付けてあげましょう。また人間用の食べ物なども、チンチラにとっては害になることもありますので片付けておくといいでしょう。<お散歩させるのは、慣れてから>チンチラはとても賢い生き物です。社会性を持ち、人間の言葉に反応して芸をすることもできます。でも、環境の変化やショックにとても弱い生き物なんです。たとえば、お散歩しているときにそろそろ捕まえようと追いかけていたら、ショック死してしまったなんてケースもあります。新しいお部屋にきたばかりのチンチラは、ストレスを感じています。(少しさびしいですが)時間をかけて、じゅうぶんにお部屋に慣らしましょう。それから、少しづつお散歩させるようにするとチンチラともすぐに仲良くなれますよ。

散歩は飼い主とのコミュニケーションの場

チンチラがお部屋に慣れてきて、だんだん生活も落ち着いてきたら、自分も囲いの中に入ってみましょう。ただし、チンチラ用のおやつは必須です笑おやつはチンチラとのコミュニケーションツールのひとつなんです。もともと社会性が高い生き物なので、慣れてくれば近寄ってきます。おやつをあげているうちに、手に乗ってきたり、肩に乗ってきたり、モフモフだと評判高い(?)毛並みにも触らせていただけます笑そのうちに、声をかけると寄ってくるようになったり、芸をするようになったりもします。チンチラの飼い主として、一番幸福な時間が散歩なんですね。たっぷりと愛情を注いであげることで、賢いチンチラはちゃんと応えてくれるんです。

散歩する時の注意点

①捕まらない

人間に慣れない内はすばしっこく、捕まらないです。考えてみれば、自然界において捕まったら食べられちゃうのですから、まぁ当然といえば当然です。なれてくると、満足したら自分でケージに戻っていくチンチラもいるようです。

②おしっこしちゃう

チンチラは基本的に同じ場所でおしっこしますが、お散歩も長時間となるとその辺でしてしまいます。もともとチンチラは匂いなどはありません。フンも固く、水分をあまり含まないので匂いは少ないです。おしっこも、ハムスターや猫に比べれば匂いはしませんが、放置しておくとやはり匂ってくるので、お散歩の後は掃除するようにしましょう。

③かじる

とにかくかじります。そのため、かじられそうなものは片付けましょう。電源コード、洗濯物、本や雑誌、壁紙など。チンチラにとっては、かじること自体がストレス解消にもなっています。げっ歯類のための「かじれるグッズ」もたくさん販売されていますので、そっちをかんでもらいましょう。

④暗くてせまい所に入っちゃう

野生のチンチラは身を守るために、岩場の陰にかくして生活しています。そうやって生きのびてきた生き物なので暗くてせまいところが、一番落ち着くお気に入りの場所なんですね。室内で自由に放してしまうと大変です。なかなか気づかないような、暗くてせまい場所に身を隠してしまいます。お散歩させるときには、しっかりと囲いをしてからにしましょう。

まとめ

チンチラのお散歩についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。習性を理解した上で、ちょっとしたことに気を付ければ室内でのお散歩も可能であることがわかりました。なによりお散歩は、チンチラとコミュ二ケーションが取れる絶好のタイミングでもあります。ぜひお散歩を通して、チンチラとの楽しい時間を過ごしていただければと思います。最後まで読んでいただきありがとうございました!

かわいくて人気のチンチラ。お散歩の方法と注意点

ふわふわの綺麗な毛並みで愛くるしいチンチラは、ペットとして人気上昇中です。チンチラを飼う際に知っておきたいことの一つが、お散歩についてではないでしょうか。この記事では、お散歩の必要性や方法など、チンチラの散歩についてご紹介します。

お散歩は必要?どのようにすればいいの?

お散歩の効果

チンチラは活発な動物で、ケージの中でばかり過ごしていると運動不足になりストレスを感じます。お散歩で広範囲を動き回ることで、運動不足解消やストレス発散ができます。また、お散歩は飼い主と触れ合うよいチャンスです。チンチラは頭がよく、名前を呼ぶと来るようになる子もいますよ。

いつどのくらいする?

チンチラは夜行性なので、夜に行動します。昼間は寝ていることが多いので、夜に散歩をさせる人が多いようです。散歩はできれば毎日、最低1時間はしてください。遊び足りないとケージに戻りたがらない子もいるので、時間が許す限り散歩させ満足させてあげたいですね。しかし、夜は散歩に十分な時間が確保できない、夜中にチンチラの動き回る音が気になり眠れないという人には、昼散歩がおすすめです。昼間は細かい睡眠を繰り返しているので、起きたタイミングで外に出してあげましょう。昼間の散歩が可能な人はぜひ試してくださいね。

お散歩デビューにおすすめの月齢

チンチラを迎えるのは、生後3カ月頃がおすすめです。チンチラは生後1カ月ほどで離乳できますが、離乳後2カ月は親元でしっかり社会性を学ぶのが理想的です。ブリーダーやペットショップから家に到着後1週間は、ケージで過ごすよう注意を受けます。お散歩は1週間経ってから、チンチラの様子を見ながら始めましょう。チンチラはとても神経質な動物なので、無理をせず少しずつ慣れさせることが大切ですよ。

お散歩するときに注意したいこと

室内でする場合

お散歩は基本的に室内で行ないます。チンチラは走り回ったり、飛んだり跳ねたり活発に動き回るので、安全に散歩できる環境を作りましょう。サークルの中に放す人もいますが、チンチラは1メートルくらいの高さは軽く乗り越えます。室内でのお散歩は部屋全体がチンチラの遊び場になると考え、以下の点に注意してくださいね。

窓やドアは必ず閉める

窓から下に落ちたり、ドアから逃げたりしないよう、チンチラをケージから出す前に窓やドアが閉まっているか確認を忘れずに。

電気コードはまとめておく

チンチラはなんでも齧ってしまいます。電気コードはテレビ台の裏などに、なるべくまとめておきましょう。

家具やソファの下など、隙間対策をする

チンチラが狭いすき間の間に入り出られなくなるようなことがないよう、家具はぴったりつけるなどの隙間対策も必要です。ソファのクッションの間も注意してくださいね。

人間の食べ物や薬を置かないようにする

人間の食べ物や薬は、チンチラにとって毒になるのもがたくさんです。やむを得ず置く場合は、缶の箱などに入れておきましょう。チンチラは色々なところに入り込み、家具を齧ってしまう可能性もあります。できればチンチラをお散歩させるときは、目を離さないでくださいね。

屋外でする場合

チンチラに新鮮な空気を吸わせてあげたい、広い所で思いっきり走らせてあげたい飼い主もいるでしょう。しかし、神経質なチンチラにとって外は刺激が強く、かえってストレスになる場合があります。また、病気をもらったり、ダニがついたりする可能性があることも理解しましょう。リスクを理解したうえで外で散歩をするときは、暑い時期や時間帯は避け、小動物用のハーネスをつけて原っぱなどで遊ばせてあげましょう。

お散歩のおすすめグッズ

グッズ1:電源コンセントカバー

電源コンセントを噛んだり触ったりして怪我をしないよう、コンセントカバーをつけましょう。100円均一のお店でも購入できますよ。

グッズ2:ハーネス

外の散歩はもちろん、慣れるまでは室内のお散歩のときも着けると安心です。チンチラにハーネスをつけて飼い主がリードを持っていれば、ソファの下や家具の間に入るのを防げます。また、散歩中に部屋から離れる必要ができたときは、ハーネスで係留しておくと安心です。

グッズ3:お出かけキャリー

外でお散歩するときは、キャリーに入れて目的場所まで行きましょう。キャリーは屋根の部分が外せるタイプが、チンチラを上から出し入れできおすすめです。肩に掛けられるバッグタイプも、持ち運びがしやすく便利ですよ。

まとめ

活動的なチンチラにとってお散歩は、大事なルーティーンです。なるべく一日に1度、1時間を目安に散歩させましょう。また、お散歩はチンチラとスキンシップをとる絶好のチャンスです。チンチラと一緒に遊びながら、よい関係を築いていけるとよいですね。動き回る姿は愛くるしく、見ているだけでも癒されますよ。まずチンチラはどのような動物なのか理解しましょう。チンチラは齧歯類の小動物です。まんまるの顔と大きな耳、クリクリをした目を輝かせて飛び跳ねる様子は、とっても愛くるしいですよ。夜行性で神経質な一面もありますが、食事や睡眠、遊びの時間を決めて生活リズムを作ってあげると、ストレスを減らせます。一日12時間も寝るため、仕事がある一人暮らしの方でも飼いやすいといわれています。10~15年と長生きするチンチラも多く、病気にもあまりかかりません。頭がよく名前を呼ぶと寄ってくるチンチラもいますよ。

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました