野生のチンチラの寿命は飼育下のチンチラの寿命の半分以下という事実

チンチラ基本情報

チンチラにおすすめのペットシーツはこちら

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

チンチラの寿命は個体によって異なる

今回は「チンチラの寿命」というテーマで記事を書き進めていきますが、この記事を読み進める前に皆さんに認識しておいてほしいことがあります。

それは、「チンチラの寿命は確定されたものではない」ということです。当然のことですね。

チンチラの寿命として、「ざっくりと◯◯年くらい生きますよ」と無責任に言うことはいくらでもできます。

しかし、これからチンチラを飼おうとする人がそんな記事を見て「なんだ、◯◯年生きるんだ。わかった、飼おう」と飼い始めて、実際にその通りの年数チンチラが生きることができない場合も多々あります。

チンチラは私達同様生き物なので、寿命が完全に決まっているわけではないのです。

各々の個体の生まれつきの体の強さなどでも、寿命は大きく変わってきます。

その事を深く頭の中に入れておき、その前提でこの記事を読み進めていただけると幸いです。

飼育下のチンチラの寿命

飼育下のチンチラの寿命は、ざっくりと「およそ20年程度」と言われています。

小動物にしては、チンチラは非常に長生きする生き物です。そのため、チンチラを飼育するということは、人生のうち、非常に長い時間、生活をともにする、ということです。

これからチンチラの飼育を考えている人は、その点を深く認識しておきましょう。

野生のチンチラの寿命

もともと、チンチラは、ペルーやボリビア、アルゼンチンなどをまたがる大きな山脈である「アンデス山脈」出身の動物です。

そんな野生のチンチラの寿命は、およそ10年未満と言われています。

チンチラの寿命が野生と飼育下でここまで異なる理由

先ほど、飼育下のチンチラは20年間生きることもある、ということをお伝えしましたが、野生のチンチラの寿命はその半分に当たる10年間以下、という事実に、疑問を感じないでしょうか?

実は、野生のチンチラの寿命がここまで短くなってしまうのには、大きな理由があります。

それは、「天敵」の存在です。

野生のチンチラは、天敵から身を守ることができないと、長く生き延びることができないのです。

ご存知の通り、チンチラは草食動物です。そんなチンチラを獲物にする肉食動物が自然界にはもちろんいるわけです。

具体的に、チンチラの天敵を挙げてみると、

  • フクロウ
  • ワシ・鷹などの猛禽類
  • キツネ
  • ネコ など…

このような生き物たちが、自分の空腹を満たすために、チンチラのような草食動物をターゲットにしているんです。自然界は弱肉強食の世界なのです。

そして・・・さらに大きなチンチラの敵、それは「人間」です。

チンチラの毛は、非常に柔らかく、その毛を狙って衣類を作ろうとする人間が無差別に捕獲し、貴重な命がどんどん奪われている、という現状があります。

チンチラの捕獲は、違法です。しかし、この現在も、そんなルールを守らずに、無責任にチンチラ狩りをしている人がいるのです。

私達はペットとしてチンチラを飼育することで猛禽類などの天敵から守り、寿命を延ばしてあげることができている、という事実もありますが、その一方、無責任な人間によってチンチラの命がどんどん奪われている、という事実も知っておく必要があります。

チンチラの寿命をできるだけ伸ばす方法

最後になりますが、これからチンチラを飼育しようと考えている人やもうすでにチンチラを飼育している人にとっては、せっかくチンチラと一緒に生活を歩んでいくのであれば、できる限り長い時間、チンチラとともに居たいと思うはずです。

そこで、ここでは、チンチラの寿命をできるだけ伸ばすために、私達ができる基本的なことについて考えてみたいと思います。

健康的な食事を与えること

まず、チンチラを長生きさせるためには、健康的な食事を与えることが何よりも大切です。

「健康的な食事」とは具体的にどのような食事のことなのか?というと、チンチラにとっては以下に挙げるような食事のとり方が「健康的な食事」ということができるでしょう。

  • 主食は基本的にチモシー。チモシーを食べ放題状態にしておく
  • ペレットは一日に体重の5%程度を与える
  • 糖質の多い食事を与えすぎない
  • 水は毎日交換し、新鮮な水を飲ませるようにする

このような食事であれば、チンチラが健康的な食生活を送ることができるのではないかと思います。

ケージ内は常に清潔を保つこと

食事も非常に大切ですが、「清潔感」も非常に大切になります。

チンチラのケージの中は、常に清潔感を保つようにしましょう。

チンチラも生き物ですので、おしっこやうんちなど、排泄をします。

排泄物で不潔になったケージの中で常に暮らしていると、感染症を原因としたチンチラの体調不良の大きな原因となります。

チンチラのケージは毎日清潔に掃除をすることが理想的ですが、仕事などが忙しく毎日の掃除が難しい場合には、3日に1回、こまめに掃除をしたり、最低でも1週間に1回は必ず掃除を心がけるようにしましょう。

過干渉・過度なストレスを与えないこと

また、これは意外と盲点かもしれません。チンチラにとって、ストレスも寿命に大きく関わってくる要因となります。

チンチラは、非常にストレスを感じやすい動物です。私達人間と同じようにチンチラもストレスが原因で体調を崩してしまうことがあります。

そのため、飼い主がチンチラに配慮することとして「極力ストレスを与えないように心がける」ことは非常に大切な要素です。

チンチラのことが可愛いからといって、あまりにも過干渉になることは避けましょう。一日に何時間もチンチラと触れ合うことは、チンチラが飼い主に愛着を湧かせるどころか、逆効果で大きなストレスを与えてしまうことになります。

チンチラと触れ合う時間は、一日30分程度を心がけると良いかもしれません。

チンチラにおすすめのペットシーツはこちら

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました