チンチラの飼いやすさについて徹底解説!


Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/c4943685/public_html/chin-chilla.xyz/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/c4943685/public_html/chin-chilla.xyz/wp-content/plugins/top-of-every-post/top_of_every_post.php on line 32

チンチラにおすすめのペットシーツはこちら

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

チンチラ 飼いやすさ

小動物のペットとして人気のチンチラの飼いやすさについてお話させて頂きます。チンチラとは南米チリの固有種となっており、日本へはペットとして輸入されている動物となっています。齧歯目チンチラ科チンチラ属に分類させて齧歯類です。標高の高い山地に生息しているのが特徴です。そんなチンチラですが体長25 – 26cmと小柄な小動物の為に一人暮らしの方なんかにも人気があると言いますが、飼いやすさとしてはどんな感じなんでしょうか?

チンチラの住環境・部屋について

チンチラはハムスターとは違いとても運動量が多く、上下運動を好みます。その為チンチラのゲージは、高さのあるものを選んであげて下さい。チンチラは良く動く為に足の負担がかかりやすいので、ゲージの下にすのこなんかをおいてあげると足の負担を減らせ、トラブル防止にもなります。そしてチンチラは砂遊びが大好きなのですが、部屋にとても砂が飛ぶ!それが苦に感じてしまう方はゲージの周りにフェンスを置いたり、ゲージの中に砂場は置かずに1日1回砂遊びの時間を作ってあげるのがベストです。砂はチンチラ用の砂がペットショップに売っているのでそれを使って下さい。

チンチラに必要な室温・湿度

チンチラは高温多湿がとても苦手です。その為特に夏場はエアコンをフル稼動させて必要があります。適正温度は、18~21度・湿度は40%以下と言われています。とても室温や湿度に敏感で熱中症にもなりやすいと言われていますので、必ずエアコンでの管理は必要となっていきます。その他にも日本の夏はとても湿度が高くなるので除湿機もあるのが望ましいでしょう。その際にオススメなのが、空気清浄機能付きの除湿機です。前にも書きましたが、チンチラの砂遊びで砂が前のでそれを若干ですが除去してくれるのでとても重宝すると言う声があげられました。ちなみに湿度は低い分には特に問題がないそうなので、冬場の管理は温度以外はないみたいです。

チンチラは夜行性?

チンチラは夜行性の生き物となっています。音に敏感な方は寝室と飼育スペースは別にした方が良いみたいです。しかし鳴き声はほとんどないので、特にご近所迷惑になる事はないみたいです。夜行性のチンチラですが、短く眠る・起きるというサイクルを繰り返しながら、平均の睡眠時間は20時間寝る事は好ましいと言われていますので、飼い主さんの帰宅後に遊んであげるとチンチラもうまく休む事が出来るのではないでしょうか。夜行性のチンチラに合わせる為にも、構ってあげる時間は朝の出勤前よりも帰宅後の時間が良いようです。

チンチラ用品は何が必要?

チンチラを迎えるにあたって必要なグッズですが・ゲージ・すのこ・砂遊び用の容器・砂遊び用の砂・餌入れ・給水ボトル・餌・サイレントホイール(回し車)・広葉樹マット(トイレ用)必ず必要な物はこんな感じとなります。この他にも温度計や湿度計などがあると管理しすいかもしれません。こんな可愛いものもありました。マルカン チンチラのお部屋絶対にインスタ映えするお部屋ですよね!こんな感じの可愛いアイテムも色々販売させているみたいなので探してみるのも楽しいですよね。他にも運動出来る設備は色々と整えてあげるのが、チンチラの為に良いようです。あとは、やはり購入先のスタッフさんに聞くのはベストでしょうか。

チンチラの餌について

チンチラの餌はペレットと呼ばれる、チンチラ専用のフードか牧草をあげてください。牧草は一番狩りのチモシーをあげて下さい。チンチラは永遠に歯が伸び続ける生き物なので、意外と知られてないのですが、牧草を齧ることで歯が削れて歯が異様に伸びてしまう不正咬合になりにくくなります。その為、チンチラには牧草が必要となっています。牧草はネットでも購入できますが、近くのペットショップやホームセンターなどで選んであげるのが良いです。牧草用に牧草たてを用意してあげるとより良いです。

チンチラのかじり木について

餌の部分でも書きましたが、チンチラは永遠に歯が伸び続ける生き物なので牧草以外にもかじり木でのケアもあります。ケアを怠ると歯が必要以上伸びてしまったり、噛み合わせが悪くなってしまう事があるので注意しましょう。かじり木にも色々と種類があり牧草以外に牧草フィーダータイプや軽石タイプがオススメです。しかし軽石タイプはたくさん食べてしまう様でしたら使用を控えた方が良いようです。他にも様々な小枝を使用している飼い主さんもいるので参考にさせても良いかと思います。そこで私の目に入ったのは【りんごの木】をあげている飼い主さんです。とてもチンチラも気に入っているという事でチンチラの飼い主さん達には鉄板アイテムとか。りんごの木にも産地があり国産と中国産があるようで国産の方が気に入って食べてくれるとの事でした。

チンチラの魅力的な特徴

チンチラの魅力はなんと言ってもふわふわもふもふの毛でしょうか。高地んい生息する生き物なだけあってとてもふわふわな、毛質です。先に色々と温度管理などについて書きましたが、飼い主さん達の感想を見ると意外と飼いやすいという言葉が多かったです。そしてなにより天使と!確かに画像を拝見すると可愛らしい天使ですね。意外と手間もかからない様なので、一人暮らしの方にも向いているペットだと思います。

チンチラを飼うにあたっての注意

前にも書きましたが、チンチラは高温多湿の場所が特に苦手で温度管理をしっかりと行わなくてはいけない生き物です。働いている方でも夏場・冬場のエアコンを1日中付けている事が必要ですし、湿度の管理も大切になります。他にも、部屋に放した際は電気コードに気をつけないとかじって感電の恐れがあるので注意が必要です。以外だったのは、チンチラはかなりすばしっこいので捕まえるのが大変らしいので、結構根気がいる様でした。しかしそれをしっかりすればとても良いパートナーなようです。

チンチラの性格

チンチラの性格は、小型の草食動物なこともあって新しい環境や大きな音にとても警戒する性格な様です。しかし元来は明るくて好奇心旺盛な性格なので、人間と一緒に暮らすのも出来るペットとして様生き物とも言えます。甘えん坊が良い場合は多頭飼よりも一匹で飼った方がより懐いてくれる様です。ただ神経質な面もあるようで、ストレスが病気の原因になってしまう事があるので注意が必要です。他の動物と飼った際はチンチラは先に触らないと他の子の臭いに警戒してしまうので、先に触るか臭いの付かないようにする必要があります。

チンチラの病院

チンチラは小動物専門の病院を探す必要があります。小動物を専門に扱っている病院は少ないので、チンチラが病気になる前に調べておく必要があるようです。チンチラの飼い主さん達も病院探しにとても苦労したとの体験談が多くありました。見てくれる病院を探している間に病状が悪化したという話もあるようなのでやはり最初から探しておく事が大切なようです。

チンチラを迎えてから

まずチンチラを迎えたら、ゲージを置く場所を決める事から初めて下さい。置く場所は人通りがあるけど頻繁に通る場所ではなく、直射日光が当たらない場所が良い様です。特にチンチラは環境変化に敏感な生き物なのでゆっくり家に馴らして行きます。環境に馴れる前に人に馴らそうとすると体調不良の原因となりますので、注意して下さい。1週目は環境に馴らす2週目は撫でる程度にコミュニケーションを取る3週目は手から餌をあげてみる4週目は少しゲージから出してみると少しずつ慌てずに環境に馴れさせてあげます。

寿命について

チンチラの寿命は野生で6年。飼育環境下では15年と言われています。しなし中には20年生きたという子もいる様で、天敵の以内室内環境下では丁寧に飼育をすれば長生きが可能な様です。その為にも小動物を見てくれる病院は大切な存在となります。チンチラに限らずですが長生きさせてあげたい様でしたら、なるべくストレスの少ない環境で育ててあげる事が大切なんだと思います。調べてみるとやはりチンチラにはストレスの少ない環境・牧草・運動が長生きの秘訣となる様でした。

チンチラにおすすめのペットシーツはこちら

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました