チンチラの値段は色の種類で◯倍も変わるって本当?!バイオレットやシナモンって、一体どんな色?チンチラの種類、色、性格を徹底解説!!

チンチラ基本情報

チンチラにおすすめのペットシーツはこちら

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

チンチラの値段と色の種類を全解説!!【完全版】

チンチラにはカラーがたくさんあり、これから飼おうと思ってる人は迷ってしまいますよね。

そんな人のために、チンチラのカラーと種類を全解説していきたいと思います。

カラーによってお値段が変わることもありますので、お気に入りの子を見つけるためにぜひ参考になさってください。

スタンダードグレー

スタンダードグレーは、チンチラのカラーの中で最も一般的でスタンダードなカラーです。
胸からお腹にかけて薄い色になり、白っぽく見えます。

現在、日本で一番手に入りやすいカラーです。

スタンダードグレーの市場価格の目安は、19000円~35000円程度です。

バイオレット(サファイア)

 

バイオレットはサファイアとも呼ばれることもあり、希少カラーとして人気です。

薄めの青紫色でスタンダードグレーより淡いカラーです。

お腹の色は白です。

耳が黒っぽい色の子もいます。

市場価格の目安は、65000円〜90000円程度です。

シナモン

シナモンは、全身薄い茶色が特徴のチンチラです。

目は明るく葡萄(ぶどう)のような赤紫色をしています。

スタンダードグレーより、少し高価です。

市場価格の目安は、35000〜50000円程度になります。

ベージュ

ベージュのチンチラの色の特徴としては、毛色はシナモンと同じ全身薄い茶色です。

シナモンとの違いは目の色で黒い瞳をしています。

市場価格の目安は、35000円~50000円程度になります。

ブラウン

ブラウンのチンチラの特徴としては、シナモンやベージュよりさらに濃い茶色です。

お腹が白い子はブラウン・ベルベットと呼ばれています。
さらに全身茶色の子はブラウン・エボニーと呼ばれ、ブラウンの中でも細かく分類されることもあります。

市場価格の目安は、50000円~65000円程度になります。

ブラックベルベット

ブラックベルベットのチンチラの特徴としては、スタンダードグレーを黒に近づけたような濃いグレーカラーです。

名前の通り、ベルベットのような艶が上品なカラーです。

耳は暗めのグレーになっていて、尻尾は白い毛と黒い毛のミックスなので全体的に真っ黒ではなくやや明るい印象です。

市場価格の目安は、40000~55000円程度になります。

ブラックエボニー

ブラックエボニーのチンチラの特徴としては、全身真っ黒なカラーです。

ブラックベルベットよりさらに黒いです。

黒ければ黒いほど、お値段も高価になってきます。

市場価格の目安は、50000円~65000円程度になります。

ブラックパール

ブラックパールのチンチラの特徴としては、全体的に黒色です。また、お腹は白色になります。

黒と白がはっきりしており、コントラストがとても綺麗なカラーです。

希少カラーですので高価になってきます。

市場価格の目安は、100000円からと非常に高価なチンチラになります。

ルビーホワイト(アルビノ)

ルビーホワイトのチンチラは、突然変異で色素を持たずに生まれてきた、全身真っ白のアルビノカラーです。

透け感のある白い毛質で、地肌のピンク色が透けてみえるくらい薄いカラーです。

瞳は赤紫色か赤です。

市場価格の目安は、60000円~80000円程度になります。

シルバーパイド

シルバーパイドのチンチラは、全体はごく薄いグレーから白色ですが、頭や背中にシルバーが混ざったカラーです。

色の出方は個体差があり、白い部分が多いほうが高価になってきます。

市場価格の目安としては、50000円~90000円程度になります。

ピンク・ホワイト

・色の特徴

薄いクリーム色です。

耳はほんのりピンク色で、瞳はピンクか赤です。

頭や体にベージュのパイド柄がある子もいます。

市場価格の目安としては、65000円~80000円程度になります。

ホワイト

この投稿をInstagramで見る

마리아로즈♡さん(@cute8141)がシェアした投稿

ホワイトのチンチラの特徴として、全身真っ白で瞳は黒です。

耳、手足の先が黒の子もいます。

とても希少カラーで高価です。

市場価格の目安としては、85,000〜100,000円程度になります。

アンゴラ

アンゴラのチンチラは、いわゆる「長毛種」になります。

触り心地はもちろん、見た目もふわふわです。

とても希少種で入荷も少なく、とても高価です。

市場価格の目安は、600,000円~1,000,000円と、非常に高価なチンチラになります。

ゴールドバー(ロウ)

・色の特徴

全体は薄いベージュ、背中にラメが入ったようなキラキラとしたゴールドカラー。

希少カラーで人気なので生まれる前から予約することがあるほど、希少です。

市場価格の目安は、100,000円からととても高価なチンチラになります。

カール

・色の特徴

その名の通り、カールした毛並みがふわふわの種類になります。

その愛らしさはとても人気です。

巻の強い子と弱めの子がいます。

・市場価格の目安としては、1000000円からと、非常に高価なチンチラになります。

チンチラには様々な色の種類がある理由

なぜ、チンチラにはこんなにたくさんのカラーがあるのでしょうか。

もともと野生のチンチラには現在のように様々なカラーが存在していません。
ペットとして飼われ、交配させるうちに突然変異によって色んなカラーが生まれ、それを研究した人間の手によって現在の多彩なカラーが生まれました。

もともと野生にない人工的に作られたカラーのチンチラは劣性遺伝を持ったカラーも多く、
体が弱かったり、寿命が短かったり、性格がおとなしかったりします。

チンチラには交配させてはいけない色の種類がある

チンチラには交配させてはいけない色の種類があります。

遺伝の関係をよ知らずに交配させてしまうととても危険です。

バイオレット×バイオレットの組み合わせや、ブラウンベルベット×ブラウンベルベットの組み合わせは、同じカラー同士ですが劣性遺伝同士の交配になってしまうので、遺伝的に体の弱い子が生まれやすいのです。

またベルベット同士、ホワイト同士なども危険な組み合わせとさせています。

流産しやすい組み合わせで、子供だけではなく、母体にも影響があり、帝王切開の手術が必要になる場合もあり、気をつけなければいけません。

ですので、チンチラを交配させたいと考えたら、まずカラー毎の遺伝子について調べてみましょう。

チンチラにおすすめのペットシーツはこちら

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました