チンチラのブリーダーに関して徹底解説!

チンチラをお迎えする時、ブリーダーかペットショップかでまず迷ってしまいますね。

この記事にアクセスしてきたということは、ブリーダーを検討しているのだと思います。

この記事を読めば、チンチラをブリーダーからお迎えするために必要な情報がほとんど得られます。

ブリーダーの良い面も悪い面も知っておく必要があるからです。

可愛いチンチラと楽しい生活を実現するために、どれも大切なことになります。

ブリーダー探しの情報もお伝えするので、ぜひ役立ててみてください。

チンチラをブリーダーから買うメリット

チンチラをブリーダーからお迎えするメリットは以下4点があります。

  • ペットショップで買うより安い
  • ペットショップの店員より専門知識も情報も豊富
  • ペットショップと比べて健康面で安心
  • 人慣れしている

それぞれ具体的に説明します。

ペットショップで買うより安い

やはり、最初は価格も気になるのが当然です。

ペットショップはブリーダーや中間業者へ払う費用以外に、店舗維持費や人件費などコストが大きいです。

当然、その分はチンチラの価格に反映されて高くなってしまいます。

ブリーダーなら、それらの費用発生がない分安くお迎えすることができます。

安くお迎えできるという点は大きなメリットの1つですね!

ペットショップの店員より専門知識も情報も豊富

チンチラの知識に関して言うと、ペットショップの店員さんよりもブリーダーさんのほうが知識が豊富な傾向にあります。

その理由として、ペットショップの店員さんの場合、チンチラ以外にも幅広いペットを取り扱っていることが多く、「広いけれど浅い」知識量である場合が多いからです。

一方、チンチラブリーダーさんの場合には、ペットショップの店員さんよりもチンチラのことをよく知っている場合が多いです。

特に、チンチラは犬や猫など、多くの人にとって馴染みのある動物ではないため、ペットショップの店員さんの中にもチンチラの知識が足りていない人はよく見かけられます。

一方、チンチラのブリーダーさんの場合は、チンチラを専門的に取り扱っているため、チンチラに関する知識量はペットショップの店員さんとは比べ物にならないほど豊富なことが多いです。

チンチラのことについて知りたいことがある場合には、ペットショップの店員さんよりブリーダーさんを頼りにしたほうが明確な回答を貰えることが多いと言っても過言ではないでしょう。

ペットショップと比べて健康面で安心

チンチラに限らず、ペットショップにいる動物たちは大きなストレスを受けています。

ショップまで運ばれるのも、狭い箱の中に詰められて真っ暗な闇の中で移動を強いられることも多いです。

ペットショップに入ってからも狭いケースの中に閉じ込められて、自由を奪われながら人の好奇の目にさらされ続けています。

さらに、チンチラは基本的に夜行性で、日中は睡眠をとることが理想的な生活サイクルでアリ、「人間と昼夜が逆」と考えても良いくらいです。

しかし、ペットショップは日中しか開いてないので、日中は多くの人に見られたり、時にはケースから出して抱っこされたりして睡眠を妨げられます。

チンチラは臆病な動物なので、ケースを軽く叩かれたりするだけでもビックリしてしまい、それをしぐさに出さないから体の中にストレスを「溜め込む」性質があります。

このように、ペットショップに受け入れられてからのチンチラは相当なストレスを受け続けていて、当然健康面で悪影響です。

病気になりやすかったり、その後の成長や免疫力に不安が生じることもあります。

しかし、ブリーダーならチンチラの生態を理解して、チンチラのストレスにならない環境で育てていることが多いです。

親兄弟と一緒に育つこともあり、狭いケースに閉じ込められ好奇の目にさらされ続けることもなく、日中にぐっすり睡眠も取れて健康的に育つことができるのです。

健康面で安心できる点も、ブリーダーの大きな魅力です。

人慣れしている

チンチラは人懐こいイメージがありますが、どちらかと言えば人懐こいタイプは稀です。

臆病で人見知りする子の方が多いと考えておいた方が良いくらいです。

ただ、それは育ってきた環境によっても違いが生じます。

ペットショップであれば1匹1匹に愛情をかけることが難しいです。

そもそも上述したように大きなストレスを受けていて、人間嫌いになっている可能性すらあります。

しかし、ブリーダーであれば1匹1匹に愛情をかけ、そして適度な距離感を保った定期的なスキンシップによって人慣れしているケースが多いです。

なつく子がほしい時も、ブリーダーから仕入れた方が良いでしょう。

チンチラをブリーダーから買うデメリット

ここまでお伝えしたことで、チンチラをブリーダーからお迎えするメリットは大きいと感じていただいたと思います。

ただ、ブリーダーからお迎えするにはデメリット面もあります。

次はそのデメリットについてもお伝えします。

チンチラをブリーダーからお迎えするのはメリットばかりのように思えますが、その反面以下のようなデメリットもあります。

  • 好みの品種(カラー)を選びにくい
  • カード払いや保険・生態保障がないことが多い
  • ブリーダーの人柄が見えにくく、様々なトラブルになることもある
  • ブリーダー自体が少ないので、近場で気軽に見に行くことができない

どれも知っておかなければならない大事なことになるので、それぞれ説明します。

好みの品種(カラー)を選びにくい

様々な品種を各地から迎え入れているペットショップと違って、ブリーダーは育てている品種が少ないです。

1つの環境(施設)で1つの品種しか育てていないことも多いです。

特に、チンチラはカラーで選ぶケースも多いので、好みのカラーの子がブリーダーの元では見つかりにくい点はあります。

飼う以上は、好みのカラーである点は譲れないポイントだと思うので、こればかりはブリーダーの大きなデメリットでもあります。

もちろん、好みのカラーの子がいることもあるので、必ずしもブリーダーの元では見つからないというわけではありませんが、「見つかりにくい」のは事実です。

カード払いや保険・生態保障がないことが多い

一口に「ブリーダー」と言っても、店舗も運営している規模だったり、ほとんど個人が自宅で買っていいる規模だったりと様々です。

個人規模のブリーダーの場合は、ペットショップなら対応しているカード決済対応(文化部払い)ができないこともあり、全額一括で払う必要があることも多いです。

また、これもペットショップなら適応しているペット保険や生態保障がないことも多く、このあたりもデメリットになります。

ブリーダーの人柄が見えにくく、様々なトラブルになることもある

上述したようにブリーダーも様々であり、ペットショップのように「お客様対応」をしてくれないことも稀にあります。

ブリーダーに限らず個人規模の商売やビジネスなどをしていると、男性でも女性でもどうしても一国一城の主という「殿様気質」が芽生えてしまうことがあります。

交渉したり、見学に行った際に嫌な対応をされたり、無茶な条件をつきつけられたりというトラブルに発展するケースもあるかもしれません。

そのような性格の持ち主だと、大切な動物の命もいい加減に扱っている可能性もあります。

くれぐれも、事前にメールなどでやりとりして、どんな人柄なのかもしっかり把握しておくことが大切です。

稼ぎたいからと危険な繁殖や交配をしている悪質なブリーダーも世の中にはいるので、“動物好きに悪人はいない”という考えは通用しないということは理解しておきましょう。

ブリーダー自体が少ないので、近場で気軽に見に行くことができない

最後に、これがある意味最大のデメリットかもしれませんが、チンチラのブリーダーは本当に少ないです。

犬や猫と違って、マイナーな部類に入る動物になるので育てているブリーダーは全国規模で探してもなかなか見つかりません。

さらに、基本的に高温多湿な気候であり、近年夏場がどんどん酷暑になっている日本という環境自体が、暑さに弱いチンチラに適さないこともあります。

とにかく、ブリーダーを探すだけでも一苦労で、見つかってもかなりの遠方であることも少なくありません。

「他県」に行くことは当然くらいの認識が必要ですし、好みの子がほしいなら東日本と西日本をまたぐほどの覚悟も必要かもしれません。

ここで問題になるのは、それだけの長距離を移動して見学に行ったブリーダーが上述したように人間性に問題があったとすれば、その労力も時間も完全に無駄になります。

気軽に見学にいけるブリーダーが近場で見つからないという点は、大きなデメリットであるとお伝えするしかありません。

東日本のおすすめブリーダー

ここまでお伝えしてきた内容で、チンチラをブリーダーからお迎えすることも簡単ではないこと、そもそもブリーダーを見つけることが大変だとご理解いただけたと思います。

ブリーダー探しはネット検索だけでなく、SNSや各種掲示板なども見てみる必要がありますが、時間もかかって大変だと思います。

そこで、東日本と西日本の良いブリーダーさんをそれぞれ何軒かお伝えしたいと思います。

まずは東日本からですが、東日本の方がブリーダーさんは少ないです。

特に東北や北海道在住だと、見つけるのはかなり大変ですね。

ここで紹介するのは関東の2軒のブリーダーさんです。

小動物専門店Andy(千葉県八千代市)

こちらはショップも運営しているブリーダーさんです。

ショップ運営もしているので比較的いろんな種類の子がいます。

カード決済にも対応しています。

関東なので比較的気軽に行ける立地であることも魅力です。

住所 千葉県八千代市八千代台東2-1-3
電話 047-484-1087
お問い合わせ時間 13:00~20:00

ちらハウス(埼玉県富士見市)

こちらは小規模なブリーダーさんですが、規模の割に多くの種類の子を育てています。

動物への愛情深い方のようで、稼ぐ為に無理な繁殖はさせず、自然なペースで育てているのが特徴です。

そのため、常にほしい子がいるわけでもありませんが、覚えておいてほしいブリーダーさんになります。

住所 埼玉県富士見市水子681-1
電話 090-5315-1524
メール m.m-ymk-chira10@docomo.ne.jp
お問い合わせ時間 電話は17時まで、メールは24時間

西日本のおすすめブリーダー

西日本の方が東日本よりは多い印象ですが、どちらにしても決して多くはありません。

ここで紹介するのは4軒のブリーダーさんです。

有限会社ワールド牧場(大阪府南河内郡)

動物たちとのふれあいテーマパークを運営している大規模なブリーダーです。

様々な動物を育てていて、その中にはチンチラもいます。

ただ、現在はあまり種類が多くないようです。

カード決済にも対応しています。

詳細は↓でご確認ください。

住所 大阪府南河内郡河南町白木1456-2
電話 0721-93-6655
メール info@worldranch.co.jp

マリーンハウス(岡山県津山市)

個人規模のブリーダーさんですが、多くの動物を育てていますね。

チンチラも種類が豊富です。

基本、アメブロからしか連絡できないようです。

小動物 うべまりん(山口県宇部市)

チンチラとモモンガを育てているブリーダーさんです。

2019年に生まれた3匹の子がいます。

過去も定期的にチンチラを育てているブリーダーさんです。

個人規模のようですね。

住所 山口県宇部市西琴芝2-14-17
電話番号 050-5361-2376
メール fukumomo_chinchira@yahoo.co.jp

HARRY & ROOM(山口県)

こちらも個人規模のブリーダーさんのようですが、チンチラも育てています。

他にもモモンガやミーアキャットも育てているようで、詳細は↓からご確認ください。

ブリーダーからチンチラをお迎えするに関しておすすめサイト

東日本・西日本のおすすめブリーダーさんを何軒か紹介しましたが、まだまだ情報としては少ないと感じていると思います。

特に東日本は情報が圧倒的に不足していますよね。

ブリーダー探しに役立つサイト情報をお伝えします。

この2か所はわりと情報が集まりやすいです。

  • ジモティー「里親募集掲示板」
  • ペット・いきもの交換会

ここ以外にも、様々な掲示板やSNSで発信されている内容を定期的にチェックすると、可愛い子が見つかることがあります。

逆に、ネット検索でブリーダーを探してもなかなか見つからないので、やはり基本は掲示板やSNSを活用すると良いでしょう。

チンチラはとても可愛い生き物です。

お世話は大変ですが、それに勝る癒しを得られます。

あなたとチンチラの楽しい生活を応援しています!

にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました